テレワークと在宅勤務の違いは?

テレワークと在宅勤務の違いは?

テレワークはICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効活用した柔軟な働き方をいいます。働き方改革の切り札として総務省によって定められました。テレワークは就業場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つに分けられます。つまり、在宅勤務はテレワークの形態のひとつになります。

テレワークの形態

テレワークの形態は大きく分けて以下の3つに分けられます。

自宅利用型テレワーク(在宅勤務)

自宅からインターネットや電話やファックスなどを使って会社と連絡をとりながら仕事をする働き方をいいます。

モバイルワーク

移動中に外出先からパソコンやインターネットを使って会社と連絡をとりながら仕事をする働き方をいいます。

施設利用型テレワーク

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方です。社内LANがつながるスポットオフィス、レンタルオフィスなどで勤務します。

テレワーク導入による効果は?

テレワークは、働く人のワークライフバランスを実現するだけでなく、新たな雇用を創出し、環境負荷の軽減も期待できる社会にとって様々な効果がある働き方です。具体的には以下のような効果が期待できます。

ワークライフバランスの実現

仕事と生活の調和を図り、家族と過ごしたり趣味や勉強に充てたりする時間を増加させることができます。

新たな雇用を創出

高齢者や通勤が困難な障がい者などこれまでにない新規雇用が創出することが期待できます。

離職防止

育児や介護と仕事の両立が難しい社員に向けて、働きやすい環境を提供することができます。優秀な社員の離職率を軽減することが期待できます。

環境負荷の軽減

通勤者数やオフィス勤務者の減少に伴う電力量、CO2排出量の減少が期待できます。

事業継続の確保(BCP)

感染症流行(パンデミック)や災害時にも事業を継続することができます。

テレワークの導入にあたっては、セキュリティを重視したICT環境を用意することが必要になります。ICT環境を用意するにあたっては、会社の業務内容にあわせてどのような情報通信機器を採用したらよいか、コミュニケーションや会議のツールは何を使用するかなど検討していくことが大切です。

キャレットはITコンサルティングを行う唯一の資格であるITコーディネーターを有するコンサルタントがテレワーク導入のお手伝いをします。まずは一度お問い合わせください。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

ITコンサルティングカテゴリの最新記事