SESとは?IT企業とエンジニア、それぞれのメリット

SESとは?IT企業とエンジニア、それぞれのメリット

SESはSystem Engineering Servic(システムエンジニアリングサービス)の略称で、IT業界における契約形態の一つで「準委任契約」ともいいます。今回はIT業界に興味がある方やエンジニアと契約したい企業が知っておきたいSESについて説明します。

IT業界における契約形態の違い

ITエンジニアの契約形態は、SESの他に「請負契約」と「労働者派遣契約」があります。それぞれの契約形態の違いを説明します。

請負契約

請負契約はクライアントからの依頼でシステム開発などを行い、その成果物の対価としてお金をもらう契約です。

SES(準委託契約)

SESは委任契約の一つです。委任契約には「委任」と「準委任」があります。法律に関する仕事の場合は委任契約、それ以外は準委任契約となります。SESは準委任契約になります。クライアント先に派遣され、派遣先で技術提供を行います。請負契約と異なり成果物の完成ではなく、労働の対価として時給や日給、月給という形でお金を受け取ります。指揮系統はクライアントではなく雇用主という点が派遣社員と異なります。

労働者派遣契約

クライアント先に派遣し、技術や労働力を提供する契約です。労働の対価として時給や日給、月給という形でお金を受け取る点はSESと同じですが、指揮系統はクライアントにある点が異なります。

企業がSES契約を活用するメリット

IT業界においても人材不足が続いており、特に専門分野のエンジニアを確保するのは難しいことだと思います。SESを活用すれば、研修や教育などを行うことなく、必要なスキルを保有するエンジニアを確保することができます。

SESでエンジニアを受け入れる際には、指揮系統は企業側でなくエンジニアが所属する会社側にあることを理解しておきましょう。また、SES契約する会社を選ぶ際には、派遣したエンジニアをしっかり指揮管理してくれる会社を選択することをおすすめします。

エンジニアがSESとして働くメリット

1つの会社で仕事をしていると、仕事の仕方や関わる業務範囲が限られていることが多く、経験に偏りがあると感じることがあるかもしれません。SESとして仕事をすると様々な企業で仕事をすることができます。関わる案件や契約内容を確認し、納得できる環境であれば、エンジニアとしてスキルアップしながら、安定した働き方ができることがあります。

キャレット合同会社では、大手企業に向けてSESとして優秀なエンジニアを派遣しています。エンジニアが不足している企業様やSESとして働きたいエンジニアの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

SESカテゴリの最新記事