ベトナムにオフショア開発を依頼するメリット

ベトナムにオフショア開発を依頼するメリット

キャレット合同会社ではベトナムに関連会社を設立してオフショア開発を行っています。実際にベトナムのオフショア開発を行っている経験をもとに、ベトナムでオフショア開発を依頼するメリットをご紹介します。

メリット1:ベトナムIT人材のスキルと国民性

ベトナムはオフショア開発が盛んな中国やインドに比べると開発に関する歴史はそれほど長くありませんが、国としてIT人材を輩出することを掲げており、技術者育成に力を入れています。IT人材の数は中国やインドの数にはおよびませんが、教育機関を経て毎年5万人くらいのIT人材を輩出しており、AndroidやiOS向けのスマートフォンアプリ開発やフロントエンド開発、バックエンド開発など、様々なスキルを持つエンジニアの確保が可能です。

ベトナムでは日本語を学んでいる人が比較的多く、日本語が話せて開発に関する知識もあるブリッジと呼ばれる人材も増えています。ITエンジニアはスキルが給与に反映される環境にあるため、日本語や複数の開発言語を積極的に習得する、意欲が高い優秀なITエンジニアが多い状況です。

また、ベトナムには親日家が多く、国民性も真面目で勤勉で日本人と似ているところがあるといわれています。ITだけでなく様々な日系企業がベトナムに進出しているため、日本の文化に触れる機会も多いそうです。他のアジア各国と比べてベトナムではビジネスパートナーとして関係性を深めやすい環境にあるといえます。

メリット2:料金面のメリット

コスト削減効果を期待してオフショア開発を行う企業が多いことと思います。オフショア開発国として発展した中国やインドは人件費が高騰しており、コスト面のメリットが少なくなってきている状況です。一方、ベトナムの場合、エンジニアに関しては日本の約1/3程度の人件費で発注することができます。

東南アジアはインフラやセキュリティを含めた安全性が発展途上という印象がありますが、ベトナムに関してその点は心配なく、インターネットの回線速度も安定しています。

IT人材が盛んに育成され、物価や人件費が安く、安全性が高い環境が整っている。そんなバランスの良い環境があることが、ベトナムをオフショア開発として選ぶメリットといえそうです。

キャレットでは、サーバーセキュリティの脆弱性診断の対策実施をベトナムの関連会社DUAL CHECK社で対応しています。DUAL CHECKのベトナム人エンジニアを活用することでコストを抑えてサービスを提供することが可能です。お客様とのやりとりや脆弱性診断はキャレットで行い、DUAL CHECK社の対策実施に関する監査もキャレットのスタッフが行います。ベトナムオフショア開発に興味があるものの、言語などが心配で発注したことがないという企業様も導入しやすいサービスです。興味がある方はぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

オフショア開発カテゴリの最新記事