会社のPCがウイルスに感染?!まず一番にすべきことは?

会社のPCがウイルスに感染?!まず一番にすべきことは?

普段からセキュリティ対策をきちんと行っていても、日々新しいウイルスが発見される環境の中で、ウイルス感染を完全に防ぐのはとても難しいことです。万が一、会社のパソコンがウイルスに感染したかもしれないと思ったら、どのように対処すればよいのでしょうか。会社側でウイルスに感染したときの対処方法が決められている場合には、会社のルールに従って対処していただきたいのですが、こちらの記事では一般的な対応方法についてご紹介します。

ウイルスに感染したらどうなる?

セキュリティソフトが入っているパソコンの場合、ウイルスに感染するとセキュリティソフトが何らかの通知を出します。多くの方はその通知を見てウイルスに感染したかもしれないと思うようです。ウイルスソフトが入っていない場合は、パソコンが頻繁に再起動する、メニューなどが文字化けしている、身に覚えがないメール送信履歴がある、身に覚えがないソフトが入っているといった症状からウイルス感染を疑うケースがあります。

ウイルスには様々な種類がありパソコン内の情報を流出させるものや、内部データを破損させるものなどもあります。ウイルスに感染したまま放置してしまうと、業務で使用している重要なデータを流出させてしまったり、社内や取引先にまで感染が広がってしまったりして、被害が拡大する可能性があります。ウイルスに感染したかもしれないと思ったら、ウイルスに感染しているかどうかすぐにチェックし、正しく対処することが必要です。

ウイルスが感染の可能性があるときの対処法

会社の方針や環境によってウイルス感染の可能性があるときの対処方法は異なると思いますが、今回は一般的な対処方法についてご紹介します。

セキュリティソフトをインストールまたは更新する

セキュリティソフトが入っている場合は最新の状態に更新します。セキュリティソフトは新しいウイルスを発見すると随時アップデイトするため、最新の状態にしておくことが大切です。セキュリティソフトが入っていない場合にはインストールします。

ネットワークを切断する

セキュリティソフトのインストールや更新が完了したら、ネットワークを介して感染が拡大するのを防ぐため、ネットワークを切断します。有線の場合にはLANケーブルを抜き、無線の場合にはワイヤレスをOFFにします。

セキュリティソフトでスキャン・駆除する

セキュリティソフトでパソコン内をスキャンし、ウイルスをチェックします。ウイルスが見つかった場合には、セキュリティソフトで駆除します。ウイルス感染の原因となったファイルがあれば完全に削除することも忘れずに行いましょう。

パソコンを修復する

ウイルスによってパソコンが破損されている場合には修復することが必要です。セキュリティソフトに自動修復機能がついている場合にはセキュリティソフトを使って修復します。

ウイルスを検索する

ウイルスの駆除やパソコンの修復が完了したら、再度ウイルスをスキャンして駆除できているか確認します。

以上がウイルスに感染した可能性があるときの基本的な流れになります。

ウイルス感染の通知を見て、慌ててパソコンの電源を切ってしまう方も多いようですが、パソコンを再起動したときに発動するウイルスもあるため、ウイルス感染の可能性があるまま電源をOFFにすることはおすすめできません。基本的な対処法を知っておけば、いざというときにも慌てずに、正しく対処することができると思います。

キャレット合同会社では、セキュリティコンサルティングの業務を行っています。ウイルス対策など情報セキュリティに不安がある企業様は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

情報セキュリティカテゴリの最新記事