SIerとSESの違い

SIerとSESの違い

企業がシステム導入を検討する際に、システムの開発や管理などでITエンジニアが必要になることは多いと思います。そのようなときにSESのサービスと併せて検討されることが多いのがSIerというサービスです。SESとSIerの業務内容はよく似ていますが、異なる別のサービスになります。今回はSESとSIerの違いについてご説明します。

SIerとは?

SIer(エスアイヤー)はSI(システムインテグレーター)とも呼ばれています。企業や官公庁などに向けてソフトウェア開発や情報処理サービスを提供する企業です。受託する範囲はシステムの導入から保守、運用までとなるため、企業はシステム導入から運用までの業務を一括して依頼することができます。

SESとSIerの違い

SESはSystem Engineering Servic(システムエンジニアリングサービス)の略称で、IT業界における契約形態の一つで「準委任契約」ともいいます。SESについては、別の記事で詳しくご紹介していますのでそちらもご参照ください。

SESとSIerは、受託する業務内容が似ているため、混同されることが多いサービスです。SIerはシステムを導入することを目的にしたサービスなのに対し、SESはエンジニアの労働力を提供するサービスというところに大きな違いがあります。

SIerはシステムの導入に伴う開発や保守、運用の業務を受託するため、報酬の対価はシステムなどの成果物になります。一方、SESは期間や人数などの条件に沿ってエンジニアの雇用することを目的にしているため、エンジニアの勤務時間が報酬になります。SIerはシステムなどの成果物を完成させる義務がありますが、SESは労働力を提供するサービスなので、製品の不備に対する責任(瑕疵担保責任)がありません。

サービスの特徴を理解したうえで活用を

SESとSIerはそれぞれ特徴が異なるサービスなので、依頼内容や社内のリソースなどを考えて使い分けることをおすすめします。

例えばシステムを開発するときの詳細設計やプログラミングを行うフェーズでは成果物を完成させるSIerに依頼し、一度開発した内容の契約形態を見直すための要件定義や基本設計を行うフェーズでは駐在型では業務を依頼できるSESに依頼するといった活用の仕方です。

また、SESは期間や人数などの制限が少ないため、社内に保守・運用を行う社員がいる場合には、開発の時期のみSESを利用してエンジニアを駐在させるといった活用をすることもできます。開発に関わる人数や期間に制限がないので、必要に応じてエンジニアを活用できる点がSESのメリットといえるでしょう。

キャレット合同会社でもSESサービスを行っています。システム開発を検討しているけれど、要件定義を行う社員が不足しているなど、ITエンジニアを必要とすることがありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせ

キャレット合同会社へのお問い合わせやご相談などがありましたら、以下のメールフォームよりお気軽にご連絡ください。

SESカテゴリの最新記事