SESは派遣・請負と何が違うの?

SESは派遣・請負と何が違うの?

SES(準委託契約)はITエンジニアの労働力をお客様に提供する契約形態となるため、客先に常駐して仕事をするケースが多くなります。客先に常駐する契約は、準委託契約の他に派遣契約、請負契約の3種類あります。自社にITエンジニアを常駐させることを検討している企業は、それぞれの契約形態の違いを把握しておくことが大切です。今回は3種類の契約形態の違いについてご説明します。

SES(準委任契約)とは

SESは委任契約の一つです。委任契約には法律関係の業務を行う「委任契約」とそれ以外の業務を行う「準委任契約」の2種類あります。SESはIT業界に特化した「準委任契約」です。

SESはエンジニアの労働力を提供する契約となり、雇用した時間に対して報酬が発生します。システム等の成果物を納品する義務や成果物の不備に対する責任がないのが特徴です。また、業務の指示監督権はSESを受注する会社で、常駐する客先(発注側)ではありません。

SESと派遣契約の違い

派遣契約はSESと同様に労働力をお客様に提供する契約形態です。SESと異なるのは客先の指示を受けて仕事をする点です。派遣契約を結ぶためには派遣先、派遣元の企業が一般派遣の免許を取得している必要があります。また、派遣社員として同じ職場で同じ人が働けるのは3年間と派遣法で定められているので、その点を留意するようにしましょう。

SESと請負契約の違い

請負契約はシステム開発など成果物に対して対価を支払う契約です。労働時間には関係なく、成果物に対して責任を負う点がSESと異なります。また客先で仕事に対する指示を受ける点もSESとは異なります。

ITエンジニアを社内に常駐させることを検討する際には、業務の内容や期間などを考慮したうえで、どのような契約形態で常駐させるか検討することが大切です。

キャレット合同会社では、SESのサービスを提供するほか、ITコンサルティングやIT基盤支援のサービスも提供しています。社内でITエンジニアが不足していて困っている企業様がいましたら、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

SESカテゴリの最新記事