AmazonLinux2にGlusterFS6.1をインストールする方法

AmazonLinux2にGlusterFS6.1をインストールする方法

AmazonLinux2にするにあたり、コンテンツをEFSにしようと思ったけど、意外にEFSが遅かったので、GlusterFSも検討するためにAmazonLinux2上に構築してみた。

author: S.T

インストール方法(失敗)

何も考えずに yum でインストールしてみると・・・
スクリーンショット 2019-06-07 12.48.04.png

gluster3.12 ・・・・・。
古い・・・・。
最新版の6系を入れたいので別の方法を検討。。。

インストール方法(真)

CentOSだとリポジトリがあるので以下のコマンドだけで入るけどAmazon Linux2 だと入れられない・・・・。

# yum install centos-release-gluster
# yum install glusterfs-server

というわけで・・・
AmazonLinux2ではソースをダウンロードし、make installを行う。

# cd /usr/local/src/
# wget https://download.gluster.org/pub/gluster/glusterfs/LATEST/glusterfs-6.1.tar.gz
# tar zxvf glusterfs-6.1.tar.gz
# cd glusterfs-6.1/
# yum install autoconf automake bison cmockery2-devel dos2unix flex fuse-devel glib2-devel libacl-devel libaio-devel libattr-devel libcurl-devel libibverbs-devel librdmacm-devel libtirpc-devel libtool libxml2-devel lvm2-devel make openssl-devel pkgconfig pyliblzma python-devel python-eventlet python-netifaces python-paste-deploy python-simplejson python-sphinx python-webob pyxattr readline-devel rpm-build sqlite-devel systemtap-sdt-devel tar userspace-rcu-devel
# ./autogen.sh
# ./configure --without-libtirpc
# make
# make install
# systemctl start glusterd
# systemctl enable glusterd

参考URL
https://docs.gluster.org/en/latest/Developer-guide/Building-GlusterFS/

なお、上記コマンドだけではglusterコマンドは使用できないので、PATHを通す必要がある。

/root/.bash_profile

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
        . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin

export PATH

以降のbrickの作成や、gluster volume作成などのコマンドは既存(3.3.2)と同じ。

オマケ(gluster volumeの作成)

(1)Brick用の領域として、EBSを新規にアタッチし、以下のコマンドでフォーマットとmountを実施。

# mkdir /bricks
# mount /dev/xvdb /bricks
# echo '/dev/xvdb /bricks xfs defaults,noatime 1 1' >> /etc/fstab

(2)brick用のディレクトリを作成する。
(注意: /ディレクトリ直下は指定できない。)

# cd /bricks
# mkdir gvol01
````

==== 以下はGlusterFS1号機のみで実施。====

(3)GlusterFSクラスタの構築を行う。

gluster peer status
gluster peer probe <2号機のIP>
gluster peer status

(4)クラスタvolumeの作成と起動

gluster volume create glusterfs-vol replica 2 transport tcp <1号機のIP>:/bricks/gvol01 <2号機のIP>:/bricks/gvol01
gluster volume start glusterfs-vol

上記のコマンドを実行することで、GlusterFS1号機と2号機「/bricks/gvol01」というディレクトリをbrickとした「glusterfs-vol」が作成される。

(5)self heal設定を有効化する。

gluster volume set glusterfs-vol cluster.self-heal-daemon on
```

お問い合わせ

キャレット合同会社へのお問い合わせやご相談などがありましたら、以下のメールフォームよりお気軽にご連絡ください。

IT基盤支援カテゴリの最新記事