受託開発とは?発注する前に知っておきたい基礎知識

受託開発とは?発注する前に知っておきたい基礎知識

IT業界における受託開発とは、別の会社から依頼を受けてシステムやソフトウエアなどの開発を行うことをいいます。今回は自社サービスの受託開発を検討する際に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

受託開発はどのようなときに利用されるのか?

企業がシステム開発を検討するときに、社内でシステム開発を行うか他社に依頼するか検討すると思います。社内でシステム開発を行うことを「自社開発」といい、他社に開発を依頼することを「受託開発」といいます。社内にシステム開発を行う人員や技術力が足りない時に受託開発が選択されることが多いようです。

受託開発の契約形態は?

システム開発に関する契約形態は大きく分けて「請負契約」、「準委任契約(SES)」、「労働者派遣契約」の3つに分けられ、受託開発は「請負契約」にあたります。システム開発などの依頼内容に対して報酬が支払われる契約形態です。

準委託契約、労働者派遣契約との違い

請負契約と準委託契約、労働者派遣契約を比較すると、「完成義務」「瑕疵担保責任」「指揮命令権」「支払い方法」に違いがあります。

  • 完成義務:納品物を完成させる義務があるかどうか
  • 瑕疵担保責任:納品物の不備について修正を行う責任があるかどうか
  • 指揮命令権:指揮命令権は発注側と受注側のどちらにあるか
  • 支払い方法:報酬が支払われるタイミング

請負契約、準委託契約、労働者派遣制度は以下のような点に違いがあります。

請負契約準委託契約労働者派遣契約
完成義務ありなしなし
瑕疵担保責任ありなしなし
指揮命令権受注側受注側発注側
支払い方法納品物の検収後
に支払い
雇用時間に対し
支払い
雇用時間に対し
支払い

開発を依頼する際に注意すること

受託開発は、システム開発会社と打ち合わせを行い、システム開発の内容や納期、見積を確認したうえで発注するというのが主な流れになります。請負契約は「完成義務」と「瑕疵担保責任」があることをふまえ、発注する際には以下のような点に気を付けましょう。

  • システム開発の依頼内容を書面で残す
  • 開発前に検査方法を確認する
  • 動作の保証範囲を確認する
  • 瑕疵担保責任の期間を確認する

また、請負契約の場合、指揮命令権は受注側にあるので、発注側は仕事を行う方法、場所、時間について指示を行うことができません。受注側のエンジニアが発注側の社内で作業を行うケースもあると思いますが、発注側はエンジニアに対して指揮命令を行うことができないので注意しましょう。

キャレット合同会社でもIT技術支援として、受託開発やSESなどの業務を行っています。ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

SESカテゴリの最新記事