LMS(学習管理システム)とは?

LMS(学習管理システム)とは?

LMS(学習管理システム:Learning Management System)は、eラーニングに必要な機能を搭載した、簡単な操作で処理できるプラットフォームです。新型コロナの影響で新人研修や教育講座などのオンライン化を検討している企業も増えていると思います。今回はeラーニングの導入をサポートするLMSの基礎知識をご紹介します。

LMSの特徴

eラーニングの学習管理システムであるLMSは、学習教材の保管や配布を行い、受講者の学習履歴や成績などを管理することができます。最近は研修管理機能や動画配信機能、コミュニケーション機能を搭載するLMSが増えており、企業の人材育成ツールとしても活用されるようになりました。

LMSサービスの環境

LMSを利用する環境はオンプレミスとクラウドサービスの2種類あります。

  • オンプレミス
    LMS用に自社のサーバ環境を用意し、ソフトウエアをインストールする利用方法です。
  • クラウドサービス
    LMSベンダーのサーバ上にあるLMSにインターネットを経由してアクセスして利用します。

クラウドサービスを利用ればeラーニング用のサーバを準備する必要がなく、アップデートやセキュリティ対策などをベンダー側で対応してもらえます。システム管理を行う担当者も不要で導入しやすいため、クラウドサービスを利用する企業が増えています。

LMS導入で期待できること

CD-ROMなどで行うeラーニングではなくLMSを導入することで期待できることをご紹介します。

  • 受講者の学習意欲を喚起できる
    eラーニングは時間や場所を問わず学習できますが、受講者が学習する意欲を継続するのが難しいというデメリットもあります。LMSは受講者の学習履歴や教材の進捗などを管理することができるため、学習が進んでいない受講者にフォローを行うことができます。
  • 添削や指導にかかる時間を短縮できる
    LMSを導入すると試験の結果を自動で添削することができます。また試験の結果や受講履歴、得意・不得意分野などを受講者ごとに管理することができるため、受講者への指導もしやすくなります。
  • eラーニング以外に学習データを活用できる
    LMSを導入すると受講者の情報をデータとして活用できます。LMSと人事システムを連携し、研修として使ったeラーニングの学習履歴を人事に活用するといった使い方も可能です。
  • Web会議ツールやSNSと連携できる
    Web会議ツールやSNSなど他のWebサービスとAPI連携できるLMSの場合、受講者セミナーの開催やSNSを使った受講者同士のコミュニケーションができます。

新型コロナウイルスの影響で、セミナーなどの開講に気を遣うことも少なくないと思います。LMSの導入により、オフライン講座にはないメリットがあるかもしれません。キャレット合同会社でもCanvas-LMSの導入支援を行っています。興味がある方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

キャレット合同会社へのお問い合わせやご相談などがありましたら、以下のメールフォームよりお気軽にご連絡ください。

Canvas-LMSカテゴリの最新記事