Canvas-LMS:メンバーを作成する

Canvas-LMS:メンバーを作成する

各コースについて受講メンバー単位を登録します。グループを規定したり、メンバーを一人ずつ登録したりします。グループの設定は「+グループセット」で、メンバーの設定は「+メンバー」を押してください。

グループの設定は「グループセット名」は任意の名前で。
「セルフサインアップ」自己登録を許可するかです。許可しない場合、メンバーの設定で一人ずつ登録することになります。
「グループの構造」は班分けします。ランダムか指定するかは選べるようです。

メンバーの追加は3つのパターンがあります。メールアドレス、ログインID、SIS-IDです。
SIS-IDとは Student Information SystemのIDで学籍番号とでも言って良いのかもしれません。Canvas-LMS内部ではバリデーションチェックしてないようなので、管理者が区別できるIDを入れれば良いみたいです。

招待メールを出したら、メールが来なかったり、「recipients invalid」エラーが返ってくることがあります。これはコースを公開してないときに起きます。コースステータスで「公開済み」にしてください。

システムにより、「すでに登録されてます」というエラーがでることがあります。これは初期登録を承認(メールが飛んでそのリンクを押してない)してない時に起きます。初期登録メールと招待メールは別物です。

招待メールは英文です。HTMLメールで真ん中に「GET STARTED]というボタンがありますで、押すと認証されます。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

Canvas-LMSカテゴリの最新記事