Canvas-LMS:zoomを使ってビデオ対話

Canvas-LMS:zoomを使ってビデオ対話

Canvas-LMSではSkypeがデフォルトで使えるようになってます。それはそれでいいのですが、zoomも使えるようにならないかなと思って調べてみました。

注:zoom側の設定は、管理者アカウントでやると、設定がサブアカウントの講師に波及します。ただし、コース設定時にナビゲーションに追加は毎回しないといけないようです。

設定:zoom側

zoomの左ペインの管理者「詳細」から「アプリマーケットプレイス」を選択。出てこないときは、管理者権限を持ってないか、契約コースが無料とかになっている可能性があります。

アプリ一覧が出ます。このままだと探しにくいので、左ペインの「Categories」の「Learning & Development」を選択してください。

LTI Proを選択

右上の「Preーapprovel」をオンにして、「install」をクリック。画像だと、すでに入っているので、installedになってます。

「Manage」タブの「Configuration」セクションで「Configure」押すと以下の画面になります。

「+Create a new credential」リンクを押すと、認証のタイトルを付ける画面が出ます。名前は任意で。

で、出てきた情報をCanvas-LMSに入れればいいです。

設定:Canvas-LMS側

以上はzoom側で情報を表示させる方法でした。では、Canvas-LMSにログインし「コース」→設定するコースを選択→「設定」画面の「アプリ」タブを押して、「+アプリ」ボタンを押します。

「名前」に「Zoom」など、「コンシューマ鍵」にコピーしたLTIキー、「共有シークレット」にコピーしたLTIシークレットを入力する。「XML設定」に以下を入力し、「提出」を押す。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><cartridge_basiclti_link xmlns="http://www.imsglobal.org/xsd/imslticc_v1p0" xmlns:blti = "http://www.imsglobal.org/xsd/imsbasiclti_v1p0" xmlns:lticm ="http://www.imsglobal.org/xsd/imslticm_v1p0" xmlns:lticp ="http://www.imsglobal.org/xsd/imslticp_v1p0" xmlns:xsi = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation = "http://www.imsglobal.org/xsd/imslticc_v1p0 http://www.imsglobal.org/xsd/lti/ltiv1p0/imslticc_v1p0.xsd http://www.imsglobal.org/xsd/imsbasiclti_v1p0 http://www.imsglobal.org/xsd/lti/ltiv1p0/imsbasiclti_v1p0.xsd http://www.imsglobal.org/xsd/imslticm_v1p0 http://www.imsglobal.org/xsd/lti/ltiv1p0/imslticm_v1p0.xsd http://www.imsglobal.org/xsd/imslticp_v1p0 http://www.imsglobal.org/xsd/lti/ltiv1p0/imslticp_v1p0.xsd"><blti:launch_url>https://applications.zoom.us/lti/rich</blti:launch_url> <blti:title>Attendance</blti:title> <blti:description><!-- [CDATA[Schedule/List Zoom Meeting]] --></blti:description> <blti:extensions platform="canvas.instructure.com"> <lticm:property name="tool_id">Zoom</lticm:property> <lticm:property name="privacy_level">public</lticm:property> <lticm:property name="text">Zoom</lticm:property> <lticm:options name="course_navigation"> <lticm:property name="default">disabled</lticm:property> <lticm:property name="visibility">public</lticm:property> <lticm:property name="enabled">true</lticm:property> </lticm:options> </blti:extensions> </cartridge_basiclti_link>

この設定は以下のサイトから持ってきました→https://qiita.com/KoyoTanaka/items/ad6cf2929b3b230dccb5

zoomが登録されたのを確認し、右端の歯車ボタンを押して、「プレースメント」を有効にしてください。

ナビゲーションに追加します(左のメニューに表示させます)。無効になっているので、右の…を押して有効にします。

設定:使用方法

Canvas-LMSに入って、コースを選択、左のリストにzoom(任意名)があるはずなので、それをクリックしてください。

zoomがスタートしてないと上記の画面が出ます。青字の「Click here」を押してzoomスケジュール管理画面へ飛びます。

スケジューリングするなら、右上の「Schedule a New Meeting」の青いボタンを押して、設定。設定されていて、時間になったら右の「Start」ボタンを押します。zoomが起動します。

課題などにzoomリンクを貼って、公開する方法もあります。これはリンクを貼るだけです。時間になったらリンクをクリックするように書いておきます。

使い方はこちら。
https://community.canvaslms.com/t5/Admin-Group/Using-Zoom-with-Canvas-FAQ/ba-p/261826

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

Canvas-LMSカテゴリの最新記事