EC2スポットのインスタンス変更は簡単ではない

EC2スポットのインスタンス変更は簡単ではない

こんにちは。キャレット合同会社の椎原です。今回はスポットインスタンスでハマりかけたのでその記事を。

EC2オンデマンドのインスタンス変更は簡単です。

  1. EC2インスタンスを停止する
  2. 「インスタンスタイプの変更」から変更する。
  3. EC2インスタンスを起動する

スポットはこの手は使えません。いざやろうとして、戸惑いました。止めたは良いが、「インスタンスタイプの変更」がグレーアウトのままです。お客さんと約束していた時間が迫ってくる!!!

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/spot-requests.html

https://caretllc.biz/wp-content/uploads/2021/06/スクリーンショット-2021-06-03-174234.png

手順は以下の通り。スクリーンキャプチャ付けなくても分かりますよね。分からない人は、事前に練習しておきましょう。

  1. EC2インスタンスを停止する
  2. AMIでバックアップ(RDSはする必要ない)15分~20分
  3. AMIから起動する
  4. インスタンスを変更(変更できる箇所が多いので旧EC2と比較すること)
  5. EIPを付け替える
  6. RDS使っていて、RDSのセキュリティグループで接続IP縛っていたらそれも変える(PrivateIP)
  7. ALB使っていたらターゲットグループの設定も変更する(webサーバーがヘルスチェックしているので、webサーバー起動しておくこと。ヘルスチェックは点いたり消えたりするので、継続して点いているのを確認)
  8. CloutFrontはALBやS3から繋ぐので変更不要(のはず)
  9. サイトが表示できるか確認
  10. 問題なければ、旧EC2インスタンスを削除

意外と、webにこの情報が引っかからなくて時間掛かってしまいました。無料枠かスポットかどっちかで構築するでしょうに。

あとAuroraのスケールアップしようとしたら、変更画面が出てこないんですが。書き込み、読み込みを順番に削除していったら、結局、最初から作ることになってしまいました。要検討。→変更ボタンを押すとクラスタの変更でできます。

お問い合わせ

記事の内容についてもっと詳しく知りたい方や キャレットへのお問い合わせ・資料請求はこちらからお気軽にご連絡ください。

Uncategorizedカテゴリの最新記事