アプリ開発にかかる費用は?相場と費用を安く抑える方法を解説!

アプリ開発にかかる費用は?相場と費用を安く抑える方法を解説!

アプリの開発をする際に大きな問題として立ちはだかるのが、開発にかかる費用です。
どんなに多機能で高性能なアプリを開発しても、開発費が高すぎると収益が発生しません。
そこで抑えておきたいのが、アプリ開発費用の相場です。また、開発時にコストがかさんでいく場合に備えて、開発費用を減らす方法を知っておくことも重要です。
この記事では、アプリ開発を検討する際に役立つ、開発費用の相場とコストを安く抑える方法を解説します。

アプリ開発の平均費用と開発費用の相場

アプリには多くの種類があり、それぞれデザインや搭載されている機能が異なります。そのため、開発費用はアプリによって大きな幅があり、一概にいくらとはいえません。そこでここでは、開発にかかる費用の相場をみていきましょう。

アプリの開発費用の目安

アプリ開発費用は、一般的に100万円から2,000万円ほどまで幅があります。これを元に平均値を算出すると、アプリ開発費用の相場はおおよそ250万円となります。
費用をみると、驚くほど上下の差が大きいことがわかるでしょう。これほどの違いが生じる理由は、アプリ開発費の内訳が、いくつかの変動する費用を要素としているからです。

アプリ開発費用の内訳

搭載する機能の種類や数、そして人件費がアプリ開発費用の内訳です。一般的に、機能の種類や数が多ければ多いほど、制作期間が長くなり費用もかさみます。
アプリ開発は、製造業とは異なり原材料が必要ありません。その分、割合の多くを占めるのが人件費です。沢山のエンジニアを使うことで金額が高くなり、知識や技術を豊富に持つ優秀なエンジニアを使うと、さらに値段がつり上がります。

アプリ開発の費用相場の計算方法

前述のとおり、アプリ開発には原材料費がかからないため、開発費用の大半はエンジニアの人件費です。エンジニアの人件費は、「人月×人数×期間」で算出されます。
ここで使われている人月(にんげつ)とは、システム系・Web系業界で使用されている、エンジニア1ヶ月あたりの人件費を表した作業単価です。この人月は、エンジニアのスキルや実績、キャリアによって変わります。

フルスクラッチアプリとパッケージアプリ

アプリ開発は2つの方法に大別できます。1つはフルスクラッチという方法で、アプリの企画段階から全てをオーダーメイドで開発します。もう1つは、既存のパッケージアプリを購入し、それに入っているテンプレートを組み合わせて開発するという方法です。


フルスクラッチは半年以上、パッケージは早ければ3ヶ月程度でリリースができます。双方共にメリット・デメリットがあるので、より適した開発方法を選択することが重要です。以下でそれぞれの特徴をみていきましょう。

フルスクラッチアプリの特徴

オーダーメイドであるため、開発の自由度が高いことがフルスクラッチアプリの主なメリットです。デザインや機能を細かく作り込めるため、競合との差別化が図れる独自性の高いアプリを開発できます。
また、機能の拡張や改善・改良の必要性が発生した際にも、柔軟な対応が可能です。

しかし、フルスクラッチには長い開発期間が必要であり、そのため開発費用も高額になってしまいます。アプリによっては1,000万円を超える場合もあり、これがフルスクラッチの主なデメリットといえるでしょう。

パッケージアプリの特徴

一方パッケージアプリでは、販売されている既製品を購入しカスタマイズする形で開発するため、導入が簡単です。オーダーメイドのスクラッチに対して、負担する初期費用が比較的安価で済み、併せて開発期間も長期化しないため、いずれの面でも開発費用を安く抑えることができます。

しかし、パッケージアプリは既存のテンプレートを組み合わせて開発をするため、自由度が低いという点がデメリットです。パッケージアプリで開発したものはオリジナリティに欠けるため、他社アプリとの差別化が難しく、ユーザーからは「目新しさがない」とみられてしまう可能性があります。

フルスクラッチとパッケージのどちらを選ぶか?

前述のとおり、フルスクラッチアプリは初期費用が高額になりやすく、リリースするまでの開発期間も長くなる傾向にあります。そのため、どちらかというとさまざまな面でバッファのある大企業向きの開発方法です。

一方パッケージアプリも、最近は中小企業だけでなく大企業でも採用される傾向にあります。パッケージアプリが普及し多くの実績を築いてきたことによって技術が成熟したこと、また搭載できる機能が増えデザインの幅が広がったことなどが理由として挙げられます。
加えて、再開発にコストがさほどかからない点も理由の一つです。せっかく開発したアプリも数年が経つと陳腐なものになってしまう可能性があり、その際の再開発には新たなコストが発生します。その点パッケージアプリであれば、再開発のコストを低く抑えることが可能です。

このように、再開発も見越した費用や開発期間、そして機能面を総合的に判断しつつ、自社にとって最適な開発方法を選択すると良いでしょう。

アプリの開発費用を抑える方法

アプリの開発費は、往々にしてさまざまな要因で増えていきます。予算をオーバーしてしまい、開発自体が難しくなる、あるいは中止になるといった事態は避けなくてはいけません。そこでここでは、アプリの開発費を安く抑えるポイントをご紹介します。

パッケージアプリも検討する

前述したとおり、アプリの開発形態をフルスクラッチにするかパッケージアプリを購入するかで、費用は大きく変わってきます。そのため、他社製品とは違う独自性や個性的なデザインに力を入れる場合は別として、初めてアプリを開発するのであれば、開発費が確実に低く抑えられるパッケージアプリの利用を検討するのがおすすめです。

パッケージアプリであれば、既存のシステムを活用したテンプレートを使い開発をするため、開発期間を短縮できコストの削減に繋がります。また、いくつかの機能をカスタマイズすることで、理想に近いアプリ開発も可能です。

低価格のサービスを探す

アプリ開発のコストカットの方法としては、低価格のサービスを探すことも有効です。世の中にはさまざまなアプリ開発サービスを提供している企業が存在しますが、料金もサービス内容もまちまちです。過去の実績や口コミ情報、開発したアプリなどをしっかりとチェックすれば、多くの選択肢のなかから、品質の高いアプリを低価格で開発してもらえるサービスを見つけることができるでしょう。

まとめ

この記事では、アプリ開発に必要な費用とその相場、さらに安く抑える方法を解説しました。
アプリ開発の費用はぴんきりで、アプリの種類や搭載される機能、デザインなどによって変わってきます。
できるだけ費用を抑えてクオリティの高いアプリを開発するには、低予算でありながら確かな開発技術があり、パートナーとして信頼のおけるアプリ開発会社を選ぶことが重要です。

コストを抑えて充実した機能を搭載した質の高い自社アプリを開発・運用したい方には、「FUNENGAGE」がおすすめです。FUNENGAGEはパッケージアプリなので、開発費は80万円からとスモールスタートが可能です。また、20種類以上の豊富な機能と独自デザインを備えているため、フルスクラッチに近いデザイン性や機能カスタマイズを実現できます。少しでも気になる方は、ぜひ以下よりお気軽にお問い合わせください。

アプリ開発カテゴリの最新記事