アプリ開発の公開までの流れとポイントまとめ!

アプリ開発の公開までの流れとポイントまとめ!

スマホの普及が進み、アプリの利用が一般的になった今、新たな集客方法の1つとしてアプリが注目されています。
自社アプリ制作は容易ではないので、せっかく作るのであれば効果的、確実に集客できるよう作成するべきです。
そこで今回は、【効果的なアプリ作成】をするために必要なアプリ開発から公開までの流れとポイントをご紹介いたします。

アプリ開発を依頼するときの流れ

アプリ開発を専門業者に依頼するときの流れをご紹介いたします。

開発会社の選定

アプリの開発にはセキュリティ対策や管理などの専門知識や企画開発するためのノウハウが必要です。個人で勉強して開発することも可能ではありますが、確実な集客を見込むためにもクオリティの高いアプリを開発する必要もあるので、アプリ開発専門の会社へ依頼するのが1番お勧めです。会社によって、得意不得意な分野があるため、作りたいアプリによって開発会社を選んでみてください。

企画・設計

依頼する会社が決まったら、アプリの要件/仕様を確定させて発注をします。
アプリに必要な性能や機能に加え、どのようにシステム化するのかをはっきりさせ、企画内容を完成させます。
企画が決まったら、次は企画に基づいてアプリを開発するうえで必要となる詳細部分を詰めていきます。

要件定義

要件定義は、アプリに実装する機能や必要な仕組みを決定し、具体的にどのように開発するのかを決める作業です。開発会社から細かなヒアリングを受けながら、アプリの方向性や機能を検討して要件をブラッシュアップしていきます。

外部設計(基本設計)

外部設計では、アプリの構造や画面のデザイン、操作方法を決めます。
ここで設計する内容は、アプリがリリースされた後にユーザーが見たり触れたりする重要な部分です。

内部設計(詳細設計)

内部設計では、基本となるシステム部分を詳細に決めます。外部設計で決めた内容を実装するためには、どのようなデータ処理を行うか等、プログラミングをするために必要な情報や手順を設計します。
内部設計をきちんとしないと、アプリを提供し始めてから会員情報と取り入れた機能が上手く連携されなかったり、アプリを利用する際に何度もログインをしなければならなかったりと、使い勝手が悪いアプリになる可能性もあります。

開発・実装

設計ができたら、いよいよ開発フェーズに移ります。
固めた要件定義や設計に沿ってプログラミングを行います。実装・開発中は進捗や成果が見えにくいフェーズです。
開発中は、依頼会社とこまめに連絡を取り、進捗状況をしっかり確認しておくことが肝心です。定期ミーティングを設けてタスクの消化率をその都度確認していただく事が大切です。

テスト(単体テスト・結合テスト)

実装が完了したら、アプリが設計書通りにしっかり動作するかを確認します。
単体テストでは、仕様書通りにアプリが動作しデータベースに正確なデータが登録されているかをテストします。結合テストでは複数のプログラムを結合させた時に、設計通りかどうか確認します。

受け入れテスト

受け入れテストは、成果物が正確に動作するか、想定していたアプリになっているかなど発注者側がテストする作業です。テスト方法や確認内容については何を確認するのかを前もって決めておくと、スムーズに確認作業ができます。

リリース/ストア申請

アプリが完成したら、アプリストアに登録してもらうために申請する必要があります。アプリの審査がおりるまでに時間がかかったり、修正が求められたりすることもあるので、申請期間には余裕を持たせておくといいでしょう。アプリの開発会社によってはアプリストアへの申請をやってくれるところもあります。事前に申請してくれるか・してくれないかの確認はしてください。

運用開始

アプリストアに登録され、アプリが公開されると運用開始です。アプリをたくさんの人に利用してもらえるように、積極的に宣伝を行うと良いです。
アプリを通してデータを得ることもできます。そのデータを分析し、マーケティングに活用することもできます。アプリが運用開始した後に何もしなくて良いかというと、そうではなくて不具合や問題の修正・情報更新や仕様変更など、継続的なメンテナンスを必要になってきます。さらに、顧客に有益な情報を与えるためにプッシュ通知やクーポン配信などを頻繁に行い、確実な集客につなげましょう。

開発会社を選ぶ際に気を付けるポイント

アプリ開発に会社の選定は大事です。近年アプリ開発会社は増え、多様になりました。たくさんある会社からどうやって1つを選べばいいのでしょうか。ここからはアプリ開発会社を選定する際に気を付けるポイントについてお話しします。アプリ開発会社を選ぶ際に気を付けるポイントは6つあります。

依頼内容に近い業種での実績があるか

自社と同じもしくは近い業種のアプリ開発の実績があれば、自社が望むアプリ・もしくはそれに近いものができる可能性がぐっと高くなります。業種が近ければ、デザインや機能は似てきます。まずは、実績があるかどうかを確認してください。

適正な料金かどうか

予算や相場は1年で必要なトータルコストで考えます。アプリは運用開始後もメンテナンスがこまめに必要になってきます。ですので、その後も月額で費用がかかってきます。費用は1年で考え、計算してください。見積もりなども1年で出してもらいましょう。

担当者の対応・専門知識はちゃんとあるか

アプリ開発会社なので、知識がないとうことはないと思いますが、アプリを制作するのはエンジニアであって担当者ではないことが多いです。ですが、実際に対応してくれる担当者もある程度の知識がないと、担当者に相談してもわからないから折り返すということもあるかもしれません。担当者の方も専門知識があり、対応がきちんとしているかを確認しましょう。

公開後のサポート体制はどこまであるか

アプリを公開した後もアプリのバージョンアップ・仕様変更や情報の更新などさまざまなメンテナンスが必要です。アプリ開発会社によって、サポート内容は違うのですが、どこまでサポートしてくれるのかを確認する必要があります。

3.アプリ開発を発注してから公開までに行うこと

アプリ開発を依頼してから公開までにおこなわなければならないことは何でしょうか。リストにまとめました。

  • スケジュールの確認
  • 開発から公開までのタスクの確認
  • 修正箇所の確認
  • アプリストアへの申請手順の確認
  • 公開後の対応の確認

    アプリを依頼したら、完成するまでのスケジュールをまず確認しましょう。それに合わせて他のスケジュールや予定を考えます。やっぱり素材を差し替えたいなどささいなことでも何かあればすぐにアプリ開発会社に相談してみてください。変更がある場合は早いほうがいいです。納期に間に合わないなどの可能性もあるので、変更は早めに言いましょう。

4.アプリリリース時に注意すること

最後にアプリリリース時に注意することについてお話ししたいと思います。注意することは3つあります。

ユーザーへ事前の告知を行う
アプリをたくさん活用してもらうためにも、早めにユーザーに伝える方がいいです。最低でもリリースする半年前に知らせるといいと言われています。

社員への事前告知を行い、対応フローを決めておく
ユーザーだけではなく従業員にも告知しなければなりません。万が一問題が起こったときに誰が対応にあたるのかを考えて決めておかなければ、問題を迅速に解決することができません。問題を解決するためにも事前告知、対応者の選定は大事です。

新規インストール特典を用意すること
アプリのダウンロードは手間がかかり、スマホの容量を圧迫します。それを嫌うユーザーも多いので、アプリをダウンロードしてもらえるように工夫して特典を用意するといいでしょう。ダウンロードしたら割引などの特典があると、比較的にダウンロードしてもらいやすくなります。

6.まとめ

今回は、アプリ開発の公開までの流れとポイントをご紹介しました。
アプリ需要が高まり、自社アプリを作ろうと意欲を示す企業様は例年増えています。これからアプリ作成を検討している企業様は、ぜひご参考にして頂ければと思います。疑問点やお悩みごとなどありましたら、まずはアプリ制作会社に気軽にご相談いただく事をおすすめいたします。

アプリ導入の支援をしているキャレットでは、柔軟性の高いセミオーダー型の開発をはじめとして、IT技術全般のご相談に対応します。アプリ開発で悩んだときは、キャレットまで一度お問い合わせください。

セミオーダー型自社アプリ開発プラットフォーム

アプリ開発カテゴリの最新記事