サーバー障害が起こる原因と対処法!未然に防ぐ方法とは?

サーバー障害が起こる原因と対処法!未然に防ぐ方法とは?
サーバー障害が起こると、様々なことができなくなります。
例えば、メールの送受信ができなくなったり、サイトにアクセスできなくなったり、サービスが利用できなくなるなどがございます。
業務に支障を与えるだけではなく、ネットを介してサービスを提供している企業は不利益を生むこともあるでしょう。また、企業としての信用が落ちる可能性もあります。
サーバー障害が起こらないように本記事ではサーバー障害が起こる原因と未然に防ぐ方法についてご紹介いたします。

1 サーバー障害が起こる原因とは?

サーバー障害が起こる主な原因は大きく分けて、外的要因と内的要因の2つです。

外的要因は「アクセスが集中すること」「自然災害」「サイバー攻撃されること」の3つです。内的要因は「ハードウェアの障害」「人によるミス」「ソフトウェアの不具合」の3つになります。それぞれ1つずつ説明していきたいと思います。

1-1 外的要因

ウェブサイトに急にアクセスができなくなったり、ネットワークが遅くなったりしたら、アクセスが集中している、もしくはサイバー攻撃によるサイバー障害が起こっている可能性があります。また、サーバーが起動しなかったり、変な音や変な匂いがパソコンからしたり、エラーメッセージが出るようになったら、自然災害によるサーバー障害が発生していることが多いです。

外的要因①アクサスが集中する

ユーザーが同時にサイトにアクセスすると、サーバーは処理が追いつかずに動作が重くなり、最悪の場合はサイトにアクセスできなくなる可能性もあります。ECサイトなどがサーバーダウンでサイトにアクセスできなくなれば、企業は利益機会の損害を被るでしょう。また顧客側も購入機会の損失になります。よくある例は、チケットや福袋販売です。人気のチケットや福袋は販売してすぐはなかなかサイトにアクセスできず、結局購入できなかったという方も多いと思います。

外的要因②自然災害

自然災害によってもサーバー障害は起こります。地震、落雷、水害などによって、電力や水道、コンピュータ施設が破壊され、それによる影響でサーバー障害に発展します。特に日本は地震が頻繁に起こります。自然災害を防ぐことはできませんが、特に地震は多発しているので、事前に災害対策などを行う必要があります。

外的要因③サイバー攻撃を受ける 

サイバー攻撃は外部から誰かが攻撃し、サーバー障害が起こることがあります。不法侵入やデータ改ざん、ウイルス攻撃などがサイバー攻撃の類です。サイバー攻撃は日々進化していてかつ巧妙化しています。具体的な理由もなく、サイトにアクセスできなくなったらサイバー攻撃の可能性があります。

1-2 内的要因

サーバーが起動しない、動きが遅い、何度もフリーズ、再起動する、イオンや焦げ臭いにおいがするなどの場合は、ハードウェアの障害の可能性があります。また、データにアクセスできない、エラーメッセージが表示される、ファイルやフォルダが開けない、などの場合は人によるミス、もしくはソフトウェアの不具合の可能性が高いです。

内的要因①ハードウェアの障害

サーバーを構成するハードディスクや部品が壊れて障害が起こること、ハードウェアが壊れて障害が起こることを指します。ハードディスクは消耗品なので、部品の老朽化や故障などが原因で起こります。サーバーを長時間フル稼働で使用すると、発熱量が増えて、熱暴走が起こりやすくなることもあります。熱暴走が起こると、電源が突然落ちたり、再起動を勝手に繰り返したりするという現象が現れます。それもサーバーの障害の原因の1つです。気温が上昇しやすい夏の暑い季節は気を付けなければなりません。

内的要因②人によるミス

人によるミスでもサーバー障害は起こります。操作や設定ミス、メンテナンスの不備、プログラム上のバグなどが人によるミスです。特に誤ってファイルの削除、バックアップを消してしまうという操作のミスでサーバー障害が起こってしまうという例が多くなっているようです。

内的要因③ソフトウウェアの不具合

人によるミス以外にもソフトウェアのバグによる不具合も内的要因の1つです。ソフトウェアの開発初期では、小さいバグが発生するのはよくあることです。ソフトウェアの開発を請け負ったベンダーがバグに対応し、不具合を手直ししてくれます。

2 サーバー障害を未然に防ぐ対策5つ

サーバー障害が起こる原因について解説させていただきました。では、どうやってサーバー障害を未然に防ぐための対策を行えばいいのでしょうか。ここからはサーバー障害を未然に防ぐ対策をご紹介いたします。方法は、「予備のサーバーを準備すること」「負荷を分散させること」「運用監視システムの導入」「クラウドサービスの利用」「バックアップを取っておくこと」の5つです。

2-1 予備のサーバーを準備する

サーバーが1台しかなければ、そのサーバーに障害が起こってしまうと企業では業務がストップしてしまう危険性があります。サーバー障害が起こったときのことを考えて、あらかじめ予備のサーバーを準備しておくといいでしょう。予備のサーバーを導入すれば、業務への影響がなくなり、さらには業務を止めることなくサーバーの復旧させることもできます。メリットは多いですが、デメリットもあります。それは、予備のサーバーを導入するのにコストがかかってしまうことです。ただ、業務がストップしてしまえば、それ以上に損失を生む可能性があるので、多少コストがかかってもサーバーを導入する方が長期的にみて良いと言えるでしょう。

2-2 負荷を分散させる

サーバーのアクセスが集中してしまうと、どうしても処理が追いつかずに障害が発生してしまうことが多いです。それを防ぐために、負荷を分散させる仕組みを導入することがおすすめです。1台のサーバーに負担がかかりすぎないよう予備のサーバーに負荷を分散させるので、いつでもサクサク動き、快適なサービス提供ができるようになります。また、サーバー障害が発生した時に予備のサーバーに自動で切り替えるなどのサービスが使えるようになります。システムが止まると損失が出るサービスを提供している企業に負荷分散は必須になります。

2-3 運用監視システムの導入

サーバーがきちんと稼働しているか、またサーバー障害が発生しているかどうかなどを常に人間が監視するのは大変ですし、人件費もかかりますが、サーバーの運用を監視するシステムもあります。サーバーは24時間365日稼働しているので、サーバーの運用の監視も24時間365日行わなければなりません。人間だけでは難しいので、システムがあります。サーバー運用監視システムを導入すれば、管理者の負担を減らして効率よくサーバー運用を行うことができます。

2-4 クラウドサービスの利用

サーバー機器などのハードウェアや業務量アグリケーションウェアを施設内に設置して、サーバーを運用することをオンプレミスサーバーと言いますが、オンプレミスサーバーからクラウドサーバーに乗り換えるのも対策の1つです。2000年後半以降にクラウドサーバーが増えましたが、それ以前はオンプレミスサーバーが主流でした。クラウドサービスを利用すれば、サーバーの管理はサービスを提供している企業が行ってくれるので、サーバーを自分や自社で管理する必要がなくなります。ただ、管理する手間が省けるメリットだけでなく、デメリットもあります。デメリットは長期間利用したり、大規模で利用したりするときはコストがかなりかかることです。なので、必要なときに必要なだけサーバーの利用をするなど、工夫が必要になってきます。

2-5 バックアップを取っておく

人によるミスからのサーバー障害は防ぐことができますが、自然災害によるサーバーの障害はどうしても防ぐことができません。そのような場合はどうすれば良いのでしょうか。万が一のデータ破損やサーバー障害に備えて、バックアップを取っておくのも重要です。サーバー障害が起こり、サービスがストップしてしまっても、バックアップを取っておくことで早期のサーバーの復旧に役立てることができます。

3サーバー障害時の対応フロー 

サーバー障害が起こったらできるだけ早く、サーバーの復旧を行わなければなりません。迅速に対応するにあたって、以下の順番で進めると良いと言われています。

サーバー障害時の対応フロー順序

  1. 関係者への周知
  2. 障害対応体制の構築 
  3. サービスの利用者への連絡
  4. サーバーの復旧作業
  5. 利用者への復旧の連絡
  6. 原因の把握と再発防止策の考案
  7. 関係者へ改善案を共有

1つずつ詳しく説明していきたいと思います。

3-1 関係者への周知

サーバーやシステムに関わるメンバーに障害が発生したことを知らせます。サーバーやシステムの復旧をするためにも関係者にすぐに知らせる必要があります。関係する人には漏れがないように、全体に知らせる必要があります。また、知らせるときは、サーバー障害の詳細内容・いつ起こったのか・原因・考えられる影響・障害対応フローにあたるメンバーとリーダー・対応する詳細内容・いつ完了するのか、完了の目途などの詳細情報も一緒に送りましょう。もし未定のことがあれば、わからない、決まっていない旨も同時に伝えてください。第一に早く知らせることが大切なので、決まっていないことは決まり次第、後から伝えましょう。

3-2 障害対応体制の構築 

サーバー障害対応フローにあたるメンバー体制を決めます。一人で解決するのは難しく、時間もかかるので、複数人で行う必要があります。また復旧作業を間違えるとさらなる被害が出る可能性があるので、複数人で行い、別の人の確認なども必要です。対応のメンバーにはユーザーと関わりがあるセールスやカスタマーサービスのメンバー・サーバーの復旧作業に必要不可欠なエンジニア・影響や周りを把握し、状況を関係者に報告する関係者の連絡先を持っているプロダクトマネージャーなどが必要です。

3-3 サービスの利用者への連絡

突然サービスが利用できなくなると、利用者は不満や不信感を抱えます。ですので、サービスが使えないことと、早急に対応している旨を伝えなければなりません。

3-4 サーバーの復旧作業

システムやサービスが問題なく使えるように早く復旧することをゴールとします。障害が起こる前の状態に戻すことが復旧作業の最終的なゴールになります。ただそれには時間がかかるので、一時的なゴールを問題なくサービスが使えることにします。またサーバー障害を調査するのも大事です。情報を集めながら原因究明にあたります。

3-5 利用者への復旧の連絡

復旧が終わったら、一時的な復旧のメドがたった段階でいいので、ユーザーに復旧が終わったことを知らせます。サービスが使えるようになったことを知らせてください。

3-6 原因の把握と再発防止策の考案

原因を究明しているので、再発防止を考えられると思います。また同じことが起きないように具体的な改善案を考えます。

3-7 関係者へ改善案を共有

考えた改善案を関係者に知らせます。その改善案が良いか悪いかを第三者から判断してもらうことで、再発防止に繋がるります。また改善案を共有することで、同じ障害が起きない安心感を与えることもできます。

4 サーバー障害対策に、サーバー運用監視システムの導入検討を!

サーバー障害対策に最も効果的なのが、サーバー運用管理システムの導入です。導入したときにどんなメリットがあるのでしょうか。

導入のメリット①サーバー管理者の負担を軽減できる

24時間365日サーバーは動いているので、監視が必要です。管理者だけで管理するのであれば、負担が大きいです。管理システムを導入すれば、システムが24時間365日監視してくれるので、負担が軽減されます。

導入のメリット②サーバーの停止に迅速な対応ができる

24時間365日稼働しているサーバーを常に監視するのは困難です。監視していない間に障害が発生することもあるかもしれません。サーバー運用監視システムを導入すれば、システムが監視してくれて、障害が発生したら、すぐに知らせてくれます。問題が起こっても、迅速に対応することができます

導入のメリット③サーバーのセキュリティを強化できる      

サーバー運用監視システムはセキュリティに何か問題が発生したときも早くに発見できるので、障害発生を事前に防げる可能性もあがります。

5 まとめ

サーバー障害はいつ起こるかわからないので、事前に原因などを把握し、未然に防ぐ対策をすることが大切になります。

サーバー保守運用カテゴリの最新記事